30歳男の趣味ブログ

登山が好きです。また登山後の温泉やご飯など、そういうちょっとした贅沢も好きです。

【登山と健康】登山のすすめ

新型コロナウイルスが猛威をふるっており、最近では健康や免疫について話題になることが多いですね。

私の周りでも、コロナウイルスの陽性者が多く出ています。私も濃厚接触者でPCR検査を受けたことがありますが、陰性で風邪症状すら出ていません。

登山と健康について

免疫力が他の人よりある

なぜなのか私なりに分析してみました。

やはり私には免疫力があるのではないかという結論に至りました。なぜその結論になったかというと、私は周りの人よりも登山等の大自然に出かけている頻度が高いです。他の日常は周りの人たちとの共通点が多いですが、ここの違いが一番大きいように感じます。

そこで登山と免疫力という視点をメインに考察していきたいと思います。

 

免疫力がどのように付くか

免疫力がどのように付くか、ネットで調べましたが

代謝・体温を上げる

②質の良い睡眠

③食事・腸内環境(これについては登山はあまり当てはまりません)

が整っていると免疫力が上がるそうです。

私自身、①②は当てはまっていると思っております。

またこれらに加えて、森林浴も免疫力に影響を及ぼしていると考えます。

代謝・体温

まず①についてです。正直平日は仕事のためあまり運動ができていません。ですが、毎日風呂は汗を少しかくぐらいまで湯船に浸かっており、代謝を上げています。

週末は登山に出かけることが多いです。登山では運動+代謝が活発に行われますね。さらに私は登山後に温泉に行くことも多いため、そこでも代謝+体温が上がります。特に塩化ナトリウム系の温泉は芯から温まるので、冷えとかにも効果的です。

f:id:chelseayama:20220216184148j:image

 

②質の良い睡眠

次に②についてです。平日は私の仕事はいわゆる9時〜17時(厳密にいうと勤務時間は少し違うのですが)で仕事時間が決まっています。起床時間は6時30分で就寝時間は23時〜24時(本音をいうと23時までには寝たいです)ごろ。ちゃんと同じ時間に眠くなり、まあリズムや睡眠時間は一定で規則正しい方だと思います。また毎日入浴をしています。入浴は副交感神経を優位にさせると言われていますね。つまり入浴は睡眠の質を向上させます。

今回もまた週末は大体が登山に出かけています。登山って何段もの階段や傾斜30度ぐらいの坂を登ったり、それだけでなくこの登りを終えると更にまた下っては登りを繰り返すことが多いです。

f:id:chelseayama:20220216184034j:image

身体にいい感じの負荷ををかけていて、登山後帰宅するとすぐに眠ってしまいます。寝つきがよく翌日はすっきり起きれるんですよね。やはり睡眠の質が良いからではないかと思っています。

 

③食事・腸内環境

最後に③についてですが、こちらは登山はあまり関係ないです。普段の食事をどのように気をつけるかだと思います。

朝ごはんはミニッツメイドの朝バナナと納豆巻きをコンビニで購入しています。昼ごはんはスーパーのパンが多いです。夜ごはんはなるべくコンビニ弁当等は控えていますが、外食は好きなので週末や登山帰りは行くことが多いです。

振り返ってみると平日の「食」については課題が多いですね。朝ごはんはコンビニの中では健康的ですが、昼ごはんが微妙な気がします。夜ごはんも何度かブログを上げています。自分なりの健康を意識しつつ食べたいものを作るということをやっていますが、健康の根拠に欠けます。

食については私の中で栄養学的に学ぶ必要があると感じており、コンビニやスーパーの弁当でも栄養学の知識があれば、健康のためにも有効だと思います。

f:id:chelseayama:20220216183609j:image

 

森林浴

更に森林浴が免疫力を向上させるそうです。森林浴は登山ならではですね。①〜③は日常を工夫すればなんとかなりそうですが、森林浴については日常では中々取り入れる事が難しいのではないでしょうか。


f:id:chelseayama:20220216183300j:image

f:id:chelseayama:20220216183533j:image

森林浴はストレスを緩和させリラックス効果があるといわれています。私自身も登山に行くと自然の中では鳥のさえずりや、川の流れ、風の音、森のゆらぎ等々を感じ心が毎回穏やかになります。

普段の生活では見知らぬ人に話しかけられないし、話しかけることもありません。正直、私めちゃくちゃ人見知りです。しかし登山だと見知らぬ人と会話が弾むことが多々あります。これはリラックス効果が働き、他人を受け入れる穏やかな心ができているからではないかと思います。

また森林には1/fゆらぎがあると言われており、人に快適効果を与えてくれます。快適とはストレスがない状態といっても過言ではないですね。ストレスのない状態は心身ともに健康にさせ、ナチュラルキラー細胞を活性化させるそうです。

 

最後に

このように登山をすることは健康に間接的につながっているのではないでしょうか。

従って週末は登山に行く私は免疫力がついており、健康体を維持できているのではないかと思います。登山は達成感や味わったことのない景色に魅力がひかれることが多いですが、振り返ってみると健康という視点から見てもメリットが多く、やっていてよかったなと心から思います。

もし読んでいただいている方がいれば、近くの低山からハイキングしてみるのはいかがでしょうか。ただし地図アプリや地図は必ず持っていってくださいね。

 

 

 

【お家ごはん】鮭のおろし煮

2022年2月15日火曜日

 

本日は鮭が食べたくスーパーへ買い物に。

鮭は私的好きな魚ランキングトップ3に入ります。身も皮も美味しいですよね。また色もピンク色なので、食事の色彩を豊かにしてくれます。

さてそんな本日は大根を使い切りたかったので、大根は大根おろしに。もちろん大根の皮ごとおろします。

f:id:chelseayama:20220215231611j:image

偉そうに言っておきながら全く色彩が豊かでないですね。(上の文章の説得力の欠片も感じられませんね)

でも味は抜群に美味しかったです。ひんなひんな。

 

 

【お家ごはん】カブ・大根・人参ポトフ

2022年2月12日土曜日

基本的に雪山はあまり好まないので、積雪後は山に行かないことが多いです。一応、雪山装備は持っていますが、下界で楽しめることをしています。

そんな私ですが、本日は一日中家に引きこもっていました。なぜならゴールデンカムイ3期がついにアマゾンプライムで配信され始めたからです。リアルタイムでは見逃していて、配信サービスでも私の加入していないサブスクでの配信だったので首を長くしてずっと待っており念願のアマゾンプライムでの配信です。

さて、本日も晩ごはんを作りしました。

f:id:chelseayama:20220212223843j:image

 

青と白の豆皿に乗っている後方のは、カブと人参と大根の皮できんぴらを作ったつもりでしたが、見た目は微妙ですね。豆皿前方はカブの葉とジャコでふりかけを作りました。

野菜は皮にも栄養があるので、美味しくいただきます。

【お家ごはん】豆腐とカブの豆乳煮

2022年2月11日金曜日

本日は登山に行かず、近所の公園にバードウォッチング(カワセミ目当て)に行ってきました。

結果見ることが出来たのはカルガモのみ。次回に期待しましょう。

f:id:chelseayama:20220211214140j:image

さて本日の晩ごはんは家にカブがあるので、カブを使った料理にすることに。

f:id:chelseayama:20220211214636j:image

優しい味付けで、野菜も多く摂れ大変満足。

ちなみにカブはカブの葉付きのを必ず買います。葉は栄養が豊富にありしますし、ふりかけにもなるので一石二鳥です。

【お家ごはん】きつねうどん

2022年2月10日木曜日

今日は雪の中通勤に帰宅お疲れ様でした。大半の方がそうだったのではないでしょうか。

 

さて、本日も家にあるもので簡単調理。油揚げがあったのできつねうどんにしました。

f:id:chelseayama:20220210214306j:image

薬味は高尾山のお土産で購入した七味唐辛子を使用しました。晩酌は本日も澤乃井の純米しぼりたて。

高尾山も澤乃井も都内なのが不思議ですねー。

 

【お家ごはん】鰆のポン酢照焼

2022年2月6日日曜日

最近は肉ばかり食べ且つ暴食していたので、どうしても魚が食べたく、近所のスーパーへ。

鰆が一尾150円で売っていたので、今晩は鰆にすることに。あとは質素なご飯にしようと思っていました。

f:id:chelseayama:20220207204523j:image

狙い通り、質素な朝ごはん系の晩ごはんになりました。

晩酌の日本酒は、つるつる温泉で購入した澤乃井の純米しぼりたてです。香りがよく少しキリッとしていて後味がすっきりしています。食中酒としてもうってつけです。

【藤野15名山】峰山登山

2022年2月5日土曜日

神奈川県相模原市(旧藤野町)に位置する、峰山を登ってきました。

最寄駅は中央線の藤野駅です。藤野というと市町村で言うと藤野町という印象が強いですが、平成の大合併相模原市と合併し、今では政令指定都市の仲間入りとなっております。

また藤野は、今まで多くの芸術家が移住していたり、パーマカルチャー養成学校やシュタイナー教育を実践している学校があったりと独自のカルチャー発展させている街でもあります。

そんな藤野には、自治体と藤野山岳会により選定された15個の山が藤野15名山になり、その中に峰山が含まれております。一番知名度の高い山は陣馬山ですかね。

このようにハイキングコースがいくつもあり、実はハイカーたちには人気のエリアなのです。

藤野15名山 峰山登山(百笑の台所・藤野やまなみ温泉)

峰山登山にした理由

①朝をゆっくりしたかったから

②下山後を充実させたいから

 

まず①についてですが、山屋の朝は早いです。ですが私事で恐縮ですが、最近の仕事に疲労が溜まっており、山は登りたいけど朝をゆっくりしたいなあと思っていました。そうすると住んでいるエリア的には中央線沿線のエリアに絞られます。

 

次に②についてですが、最近の私のテーマでもあります。その中でも私としては食と温泉は二大テーマとしています。食は「その地場の名産・地産地消や美味しいごはん屋さんで食事をすること」、温泉は「身体を癒し、心身ともに温まること」この二つを充実させたいと思っています。中央線沿線には『藤野やまなみ温泉』があります。源泉掛け流し湯で泉質もすこぶる評判が良いので、ずっと行ってみたいと思っておりました。HPを覗くと2022年6月ごろから改修工事が始まるらしく工事期間中は休業になるとのことです。休業前に訪れなくては。休業については詳しくはHPを参照してください。

yamanami-onsen.jp

 

 

さて、①と②より藤野の峰山がベストマッチしそうなので峰山を登ることにしました。

 

コース

コースは以下の通りです。

最寄駅→藤野駅

藤野駅10時40分発→やまなみ温泉バス停

やまなみ温泉バス停→峰山

峰山→百笑の台所→やまなみ温泉

 

登山記録

藤野駅〜峰山

今回はやまなみ温泉行き10時40分発のバスに乗ればよかったので、かなりゆっくりめのスタートです。やまなみ温泉バス停には11時前に着きました。なお、やまなみ温泉バス停には清潔感のあるトイレや待合室もあります。


f:id:chelseayama:20220206151950j:image

f:id:chelseayama:20220206151946j:image

ここから徒歩ですぐのところに登山口があります。

f:id:chelseayama:20220206152149j:image

登山口からすぐに山々しい登山道になります。山道は明瞭で道迷いはほぼないと思います。(地図は必携です)

このように至るところに、峰山の標識があります。標識通りに進みましょう。


f:id:chelseayama:20220206152454j:image

f:id:chelseayama:20220206152459j:image

少し進むと、休憩できるベンチも所々で設置されています。

f:id:chelseayama:20220206152727j:image

ここで急坂の標識が出てきました。写真だと伝わりづらいですが、ここはかなり勾配のある坂で、足の踏ん張りがやや必要になります。また今回は下りでは通りませんでしたが、下り時は細心の注意が必要だと思います。


f:id:chelseayama:20220206153053j:image

f:id:chelseayama:20220206153049j:image

この急坂を登り終えると、ベンチとテーブルが設置されておりました。山頂方面に進みます。


f:id:chelseayama:20220206153353j:image

f:id:chelseayama:20220206153403j:image

山頂方面に進むと、密集した杉林が現れます。道なりに進みましょう。


f:id:chelseayama:20220206153611j:image

f:id:chelseayama:20220206153556j:image

杉林を出ると、石碑がありました。ここまでくると山頂はもうすぐです。

f:id:chelseayama:20220206154038j:image

そして11時40分山頂に着きました。登山を開始して40分で山頂です。

山頂はこのように人が誰もおらず、貸し切り状態でした。

f:id:chelseayama:20220206154637j:image

f:id:chelseayama:20220206160124j:image

さあお待ちかねのコーヒータイムです。昼ごはんは他で食べることとしていましたので、お菓子だけにしました。コースは短いかもしれないですが、やっぱり山でのコーヒーは格別に美味しいです。どんな山でも山頂にたどり着いた人の特権ですね。

f:id:chelseayama:20220206154929j:image

また富士山も少し見ることができました。登山で見るのは今年初です。前の武甲山の記事でも書いたのですが、山頂から見る富士山が好きです。できれば雲がない状態がよかったですね。

それでも今回は富士見目的ではなかったので後悔はなく、むしろ見れてラッキーでした。

f:id:chelseayama:20220206155404j:image

 

峰山〜百笑の台所〜やまなみ温泉

12時15分下山開始です。下山は同じルートだとつまらないので別ルートにしました。

先ほどの杉林を下り、急坂の手前にある分岐点で大鐘方面に進みます。

f:id:chelseayama:20220206160710j:image

大鐘方面はなだらかな坂道で、コース上に落葉がかなりあります。大月や道志山塊に似た特徴のある山道ですが、大月や道志と違うところは道が明瞭なところです。


f:id:chelseayama:20220206161054j:image

f:id:chelseayama:20220206161046j:image

山道を進むとゴルフ場が見えてきます。そのゴルフ場を横目に進むと、段々と日の当たる明るいコースになってきました。


f:id:chelseayama:20220206161709j:image

f:id:chelseayama:20220206161704j:image

f:id:chelseayama:20220206161658j:image

すると、大鐘方面の登山口に着きました。

せっかくここまで来たので、蓮乗院というお寺を見学することに。


f:id:chelseayama:20220206162121j:image

f:id:chelseayama:20220206162125j:image

f:id:chelseayama:20220206162116j:image

 

さあお菓子しか食べていないので、お腹が空腹です。ここでいよいよ下山後の楽しみ第一弾にしたいと思います。目指すは『百笑の台所』です。

蓮乗院から徒歩25分ぐらいのところに、『百笑の台所』はあります。やまなみ公園内(おそらく)を進みます。ここら辺はホタルが見れるそうです。


f:id:chelseayama:20220206162846j:image

f:id:chelseayama:20220206162837j:image

f:id:chelseayama:20220206162842j:image

お待ちかねの百笑の台所に着きました。


f:id:chelseayama:20220206163323j:image

f:id:chelseayama:20220206163327j:image

ここの参鶏湯が絶品という噂は兼ねてより聞いていました。このために山頂ではご飯を食べず我慢してます。期待が高まっております。

石焼ビビンバや豆腐チゲもあったのですが、一番看板料理の参鶏湯を注文します。さらにお米は普通の米と酵素玄米(+110円です)を選ぶことができたので、酵素玄米にしてもらいました。

f:id:chelseayama:20220206163559j:image

正解です。本当に美味しかったです。

まず参鶏湯は石鍋で出てくるのでずっと温かいまま食べることができます。写真のように湯気が立っており、スープもぐつぐついっています。冷えた身体に沁み渡りました。鶏肉はほろほろでスプーンで掬うことができます。味付けは優しくシンプルだけど深いというのでしょうか。とにかく絶品です。もちろんスープも全部飲み干しました。小鉢にある豆も味噌味でお米が進んでお代わりしたかったです。

ここはもうリピート確定ですね。参鶏湯以外にもたくさん種類があるので、次回は違う料理も食べてみようかなと思います。

なお、店内はウッド調の優しくオシャレなこだわりの感じる造りになっていました。薪ストーブやギャラリーもあります。

また、BBQ場やグランピング施設、テニスコートも併設されているので様々な用途で楽しめそうです。


f:id:chelseayama:20220206164953j:image

f:id:chelseayama:20220206165001j:image

f:id:chelseayama:20220206164957j:image

さあお腹もいっぱいになって満足したので、下山後の楽しみ第二弾のやまなみ温泉に入るだけです。

百笑の台所からは徒歩10分ほどで着きました。


f:id:chelseayama:20220206165704j:image

f:id:chelseayama:20220206165659j:image

低木というか植栽が♨︎になっていました。なんかかわいいですね。

さてさて、温泉はと言いますと、まず脱衣所もそれなりに広くロッカーの数も多かったので、評価は高いです。泉質は評判通りかなり良いように感じました。ナトリウムを含んでいるのでお湯から塩味を感じます。これは指宿温泉と同じですね。

いやーそれにしても心身から温まることができました。やや狭いですが露天風呂もあり充実の温泉でした。

そして最後に風呂上がりのコーヒー牛乳です。

f:id:chelseayama:20220206170338j:image

堪らないです。今回はビールは飲みませんでしたが、コーヒー牛乳でも全然大満足できますよね。

 

「食」「温泉」ともに大満足の藤野・峰山を堪能し15時44分のバスに乗り、帰宅の途につきました。

 

終わりに

この峰山登山の組み合わせは、登山以外の充実度も高くかなりおすすめできるコースです。

特に初心者の方や、これから登山を始めたいと思っている人に案内するにはとてもいいのではないかなと思います。

山道を歩き自然を感じることができ、美味しいご飯も食べ、最後に温泉で温まる。思い返してもここまで質の高い三拍子揃ったコースは中々ないような気がします。

やまなみ温泉から峰山までの登山道に物足らないのであれば、相模湖の石老山から繋ぐこともできるので、バリエーションも豊富です。

私も次回は相模湖から行ってみようかなと思ってます。

藤野は都心からも1時間ぐらいで着きますし、人もとても優しかったです。また色々な文化を取り入れているのも好感が持てます。また訪れたい街の一つになりました。