30代男の趣味ブログ

登山が好きです。また登山後の温泉やご飯など、そういうちょっとした贅沢も好きです。

【奥武蔵】関八州見晴台登山

2023年1月12日木曜日

奥武蔵方面にある、関八州見晴台へ登山してきました。

奥武蔵というと飯能から秩父までのエリアのことですが、丹沢や奥多摩と比較し人気の低いエリアです。またこの関八州見晴台は高山不動の奥院という位置付けになります。

なおこの高山不動は、高幡不動、成田不動を含めた日本三大不動と呼ばれ中々由緒正しき不動尊らしいです。

関八州見晴台にした理由

関八州見晴台はその名の通り、見晴らしが良いからこの名をつけられています。旧国の八州見れたことがその所以です。なお現在は杉が伸びており眺望を遮っておりますがそれでもやはり見晴らしは良いです。

また、静かな山行を楽しみたかったのもあります。奥武蔵の中では人気ではありますが登山時は平日のためそこまでハイカーがいないだろうと思い、関八州見晴台にしました。

山行ルート

西吾野駅→大滝→不動滝→白滝→関八州見晴台

関八州見晴台→高山不動

高山不動→虚空蔵山→西吾野駅

 

登山記録

西吾野駅から関八州見晴台

西吾野駅から関八州見晴台まではいくつかルートがあります。一般的にはパノラマルートを選択し高山不動から登るルートですが、私は3つの滝を見物できるルートを選択しました。

おそらくパノラマルートで行くよりコースタイムが一時間ぐらい違うかと思います。

西吾野駅で降車したのは数人ほど。皆ハイカースタイル。おそらく皆、目的地は子の権現なのかな。年明けだしそちらの方が有名なので。


f:id:chelseayama:20230124113112j:image

f:id:chelseayama:20230124113121j:image

f:id:chelseayama:20230124113116j:image

西吾野からは登山口までは明瞭で、キャンプ場を横目に進んでいきます。このキャンプ場、みた感じファミリーからソロまで良さそうです。

f:id:chelseayama:20230124113024j:image

林道をしばらく進むとやがて関八州見晴台と大滝方面の標識が出てきますので進みましょう。


f:id:chelseayama:20230124113223j:image

f:id:chelseayama:20230124113228j:image

f:id:chelseayama:20230124113233j:image

ここから登山道になります。大滝と白滝高山不動の分岐に着くともうすぐです。

f:id:chelseayama:20230124113303j:image

大滝に着きました。結論から言うと今回の3滝で一番水量があったのは大滝です。その大滝もそこまで水量は多くありませんが、マイナスイオンはたっぷり出てそうな感じがします。

f:id:chelseayama:20230124113332j:image

先ほどの分岐まで戻り高山不動・白滝方面へ進みます。また道なりに進むと高山不動。不動の滝という標識も出てきますが、この標識通りに進みましょう。先に不動の滝に行きます。


f:id:chelseayama:20230124113430j:image

f:id:chelseayama:20230124113435j:image

ここでまさかの獣の糞。これは熊か猪か。ちょっと怖いので口笛を吹きながら進みました。

不動の滝に到着です。修行の道だったらしく厳かなものの、滝水は枯れかけているため物足りなさを感じます。

f:id:chelseayama:20230124113542j:image
f:id:chelseayama:20230124113548j:image
f:id:chelseayama:20230124113553j:image

来た道を戻り白滝方面へ。白滝は大滝と不動の滝を足して2で割ったような滝です。中庸という感じですね。

f:id:chelseayama:20230124113656j:image
f:id:chelseayama:20230124113702j:image

また来た道を戻り標識通りに進むと、いよいよ関八州見晴台への標識が出てきました。今回は関八州見晴台の後に高山不動へ向かいます。

登っていくと廃茶屋?みたいな建物がありました。さらに真っ直ぐ進むと登り口が見えてきます。


f:id:chelseayama:20230124113759j:image

f:id:chelseayama:20230124113804j:image

 

標識通りに進み、まずが丸山登頂。そこから10分ほどで関八州見晴台です。

f:id:chelseayama:20230124113927j:image

いよいよ到着です。

f:id:chelseayama:20230124114054j:image
f:id:chelseayama:20230124114049j:image

その名のとおり見晴らしは良いです。この日は平日なだけあって静かに山頂を楽しめます。

富士山

f:id:chelseayama:20230124114200j:image

武甲山

f:id:chelseayama:20230124114234j:image

赤城山(黒檜山)

f:id:chelseayama:20230124114301j:image

スカイツリー

f:id:chelseayama:20230124114546j:image

高山不動から休暇村奥武蔵

関八州見晴台でコーヒーお菓子休憩したあとは高山不動へ。高山不動までは15分ほどで着きます。


f:id:chelseayama:20230124114639j:image

f:id:chelseayama:20230124114634j:image

3大不動ですが、人っこ一人おりませんでした。高山不動には立派なイチョウの木もあります。


f:id:chelseayama:20230124114812j:image

f:id:chelseayama:20230124114807j:image

f:id:chelseayama:20230124114817j:image

f:id:chelseayama:20230124114822j:image

高山不動から虚空蔵山へ向かいます。

ここは意外と迷いやすいです。登山道まで行くと多くのお墓が建ち並んでいます。気にせず登山道通り真っ直ぐ進むと分岐にぶつかります。ここの分岐で標識のない方向に登り口があるのでここを進みましょう。


f:id:chelseayama:20230124115853j:image

f:id:chelseayama:20230124115848j:image

f:id:chelseayama:20230124115841j:image

最後の目的地の休暇村奥武蔵まで行きます。

志田、大久保、あじさい館という標識があるので、そちら方面に行きます。道なりを進むと休暇村奥武蔵の標識が出てきます。なお民家の畑の脇道もルートになっているので見落とさないように進みましょう。


f:id:chelseayama:20230124120643j:image

f:id:chelseayama:20230124120649j:image

f:id:chelseayama:20230124120655j:image

f:id:chelseayama:20230124120701j:image

f:id:chelseayama:20230124120706j:image

ここまで来たらもうすぐ休暇村奥武蔵です。

上から見ると、バブル期に建てたリゾートホテルのように見えますね笑(外観は少し寂れているけど立派な施設)

そんなこんなで休暇村奥武蔵まで来ました。この日は平日なので日帰り入浴(コロナ禍の影響により平日のみ日帰り入浴可)して帰ろう………

と思っていましたが、日帰り入浴はお正月休みにより1月13日から再開とのこと。残念ですがまたリベンジしたいと思います。

 

こうして関八州見晴台登山は、中々歩き応えのある登山でした。また、奥武蔵エリアはまだまだ行きたい山があるのでこれからも足繁く行きたいと思います。